Members
はじめてのお客様へ Sign Up

View Cart
メールマガジンの登録・解除

1月14日(祝月)14:30〜16:30《 介護・ガン・愛と死を語る一日 その2 「田辺鶴瑛の『介護講談』」上映会 》in 多摩市

販売価格

0円(税込)

購入数
ご参加の形態
※上記価格欄は “ 0円 ”になっております。
ご参加の形態欄の “∨”マークをクリックしていただきご参加の形態をお選びください。


【午後の部】

☆《 介護・ガン・愛と死を語る一日 その2
「田辺鶴瑛の『介護講談』」上映会 》
in 多摩市 ☆


認知症患者の増加に伴い、介護の現場では様々な問題が浮き彫りになって来ました。

自宅介護から始まり、現在介護施設でお世話になっている実の母・昨年亡くなった実の父体験から、楽しく(スピリチュアルな)介護や病気・ひいては 愛と死 について語り合う一日を、映画上映や監督、現場で活躍されている医師のご講演を交えて、企画しました。

ドキュメンタリー映画『かみさまとのやくそく』でお馴染みの 荻久保則男監督 と、育生会横浜病院院長“ サムライドクター ” 長堀優先生 をお招きして、【午前の部】長堀先生の講演会と監督お二人のクロストーク、【午後の部】 は、監督の映画作品 「田辺鶴瑛の『介護講談』」上映会 をお送りします(^^♪

進行役は、うさぎのせつここと 私・野村節子が務めさせていただき、クリスタルボウルの奉納演奏 もさせていただきます♪

新春にふさわしい、初笑いの介護イベント として、介護に興味のある方・そうでない方も含めて、皆さんが 楽しく介護を語れる一日 を創造したいと思いますので、どうぞ皆様お誘い合わせの上、ご参加頂ければ幸いです(^^♪

◆日時【午後の部】 2019年1月14日(祝月)  14:30 開演(14:00開場)〜16:30

◆場所 多摩市立関戸公民館 8階 ヴィータホール
    京王線「聖蹟桜ヶ丘駅」徒歩約3分
    〒206-8666 東京都多摩市関戸6-12-1 電話: 042-375-8111
    地図 
    アクセスマップ 
    各階図面 

◆参加費 2500円
    ※午前の部もご参加頂ける場合は5000円となります。

◆映画についての詳細
女流講談師・田辺鶴瑛 さんが、義父の在宅認知症介護の実体験を基に創作 した、涙と笑いで大好評のオリジナル講談 をライブ収録しました。
高齢化社会の現代、誰にとっても決して他人事とは思えない 「家族の介護」にどう向き合うか?
目からウロコのヒントが満載です。

映画「田辺鶴瑛の『介護講談』」公式ページ

映画の感想

◆荻久保則男監督プロフィール

株式会社 熊猫堂(くまねこどう)代表取締役。
東京インターナショナル・スタニスラフスキー・アカデミー映像クラス講師。
20歳で映像業界に入り、30年以上のキャリアを持つ。
劇映画やドキュメンタリー番組などの照明、録音、撮影スタッフとしてたくさんの作品に関わる。

2014年、株式会社熊猫堂(くまねこどう)を設立。
監督作品「かみさまとのやくそく」をはじめとして、「どいしゅうさんの ひかりの国のおはなし」「田辺鶴瑛の『介護講談』」を自主上映会を中心に配給している。

・監督作品
ドキュメンタリー映画「かみさまとのやくそく〜胎内記憶を語る子どもたち〜」(2013年)
「どいしゅうさんの ひかりの国のおはなし」(2015年)
「田辺鶴瑛の『介護講談』」(2016年)ジャパンフィルム・フェスティバル in LA 2017ベストドキュメンタリー賞
「かみさまとのやくそく〜あなたは親を選んで生まれてきた〜」(2016年)

・撮影担当作品

映画「不食の時代〜愛と慈悲の少食〜」(監督:白鳥哲)2010年
映画「祈り〜サムシング・グレートとの対話〜」(監督:白鳥哲)2012年
2012年スペイン/マルベーリャ国際映画祭ベストドキュメンタリー賞、NYマンハッタン国際映画祭ベストグローバルドキュメンタリー賞、2013年カリフォルニア・フィルム・アワード受賞

・照明担当作品
映画「暗殺者」(監督:竹内雅俊)1997年イタリア/サレルノ国際映画祭特別賞 1998年ロシア/サンクトペテルブルク国際映画祭正式出品
映画「L'Ilya イリヤ」(監督:佐藤智也)2001年モントリオール国際ファンタスティック映画祭短編部門審査員特別賞受賞

・録音担当作品
ドキュメンタリー映画「クラシコ」(監督:樋本淳)2010年
映画「神様、パン買って来い!」(監督:堀井彩)2013年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭出品
映画「サンセット・ドライブ」(監督:樋本淳)2016年

◆クリスタルボウル演奏 うさぎのせつこ(野村節子)プロフィール

国立音楽大学声楽学科出身のヴォーカリスト。1997年UFOとの遭遇をきっかけに精神世界の探求を開始。
アメリカのロバート・モンロー研究所にて体外離脱体験後、独自のワークを開始。
2013年東京から山梨県大月市に移住し、ピラミッドセンターを拠点に自然農の実践や、様々なワークショップを企画開催している。
みんなの広場 代表、クリスタルボウルヒーラー、ゆう琴奏者、レイキマスター、ヴォイストレーナー、ヨガトレーナー、スピリチュアルテレビMC。
オリジナルの誘導瞑想CD2枚の他、クリスタルボウルやオリジナルソングのCD3枚をリリース。
更にニューアルバム『けいそのひびき』に続いて、『 みんなMINA 』 を発売。創作活動も行っている。